audio-technica AT-ART1000

音楽とは「アートである。」

カートリッジを製作すること
54年。

様々な「アート」と共に流れてきた
歴史。

今、この時代に投入される
「アート」の再生。

AT-ART1000

「ダイレクトパワー方式」

通常発電コイルはカンチレバーの根元にあるが、
ダイレクトパワー方式ではスタイラスチップの真上に配置。
これにより、カンチレバーの長さや材質に起因する音質への影響を抑制。

特殊ラインコンタクト針とソリッドボロンカンチレバーを採用。

世界が違う、
まさに
異次元のサウンドを
マックスオーディオにて。

オープン価格

型式:ダイレクトパワー方式、空芯MC型
再生周波数範囲:15~30,000Hz
出力電圧:0.2mV (1kHz、5cm/sec.)
チャンネルセパレーショ: 30dB (1kHz)
出カバランス:0.5dB (1kHz)

針圧 ダイレクトパワ一方式では、カートリッジに針圧をかけることで、
コイルが磁気回路に入り込み発電することができます。生産時に製品を
1台ずつ検査・調整し、出力電圧やチャンネルセパレーションが 最適に
なる針圧を確認した上で、その値を標準針圧に設定しています。よって
固体ごとに針圧の適正値が異なる、まさにハンドメイドならではのこだわりです。

コイルインピーダンス:3Ω(1kHz)
直流抵抗:3Ω
負荷抵抗:30Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
コイルインダクタンス:1μH(1kHz)以下
スタチックコンプライアンス:30×10-6cm/dyne
ダイナミックコンプライアンス:12×10-6cm/dyne (100Hz)
針先形状:特殊ラインコンタクト
カンチレバー:Φ0.26mm ソリッドボロン
垂直トラッキング角:21°
外形寸法:17.3mm×17.0mm×25.5mm(H×W×D)
質量:11g

付属品
・ケース(木箱)
・非磁性体ドライバー
・ワッシャー×2
・プロテクター
・ナット×2
・カートリッジ取り付けビス
(12mm×2、18mm×2)
・ブラシ
・PCOCCリード線セット

ご堪能あれ。

マックスーディオ小倉店で御試聴頂けます。
是非ご来店下さい!

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です