トップ

おススメソフト

2013/8/29(Thu)Update

LIONEL LOUEKE MWALIKO

LIONEL LOUEKE MWALIKO

タイトル:MWALIKO
アーティスト:LIONEL LOUEKE
ジャンル:ワールドミュージック
フォーマット:CD
レーベル:BLUE NOTE

あのハービーハンコックにも認められた、才能あるギタリスト!リオーネル•ルエケ!
注目すべきは彼独特のスキャットを交えた奏法。
ナイロン弦の歯切れの良さと甘い音色が両方楽しめます!
スキャットの濁音や無声音はオーディオのリファレンスにいいかもしれません。
各曲にミュージシャンをフューチャーしたアルバムで、聴きごたえあります!
アフリカ出身の歌姫アンジェリーク・キジョーの「大地」や「自然」を感じさせる
伸びやかで力強い生気溢れる歌声と、リオーネルのスキャットギター!
これは是非聴いて頂きたい!
個人的にハマっているエスペランザ•スポルディングも参加しています。
彼のアフリカンサウンドが苦手という方も多い様ですが、
彼の超絶ギターは一度は聴いておくべきだとおもいますよ!

Written by Yusuke

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



CHARICE CHARICE

CHARICECHARICE

タイトル:CHARICE
アーティスト:CHARICE
ジャンル:ソウル
フォーマット:CD
レーベル:

今回私がお薦めするソフトはCHARICEのデビューアルバム、「CHARICE」です。
幼いころから母子家庭のお母さんのために、イベントやテレビ番組のアマチュアコンテストに
参加して家計を助け、2007年ごろに「天から授かった奇跡の歌声」と評されるほどの歌唱力で、
Youtubeを通じて世界的な人気を得た歌手です。
ゴスペル・R&B系の音域の広い歌を楽々と歌い上げるこの声、歌唱力は鳥肌ものです。
間違いなく、アジア№1ですね。
お薦めはこのアルバムの中の「In This Song」です。
是非聞いてみてください(^∀^)

Written by Date

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Corrinne May Fly Away

Corrinne May Fly Away

タイトル:T Fly Away
アーティスト: Corrinne May
ジャンル:ポピュラー・ロック
フォーマット:CD
レーベル:エス・トゥ・エス

最近毎日のようにmaxaudioで流れている「BEST AUDIOPHILE VOICESⅡ」、
その6曲目のCorrinne Mayの「Fly Away」に惹き込まれ、即同曲と同じタイトルのアルバムを購入してしまいました。
シンガポール生まれのコリン・メイはアメリカを拠点として活動する女性シンガーで、
このアルバムはデビュー作をジャケットを替えて2006年に発表されました。
透明感のある澄んだ声は一度聴いたら耳に残り、バラードからアップテンポなチューンまで
幅広くこの1枚に凝縮されており、CD1枚聴き終わる頃には彼女の歌声に虜になってしまいます。
ピアノ中心の曲が多く、静かで聴きやすく、聴き始めてわずか数秒で素晴らしさ分かること間違いなしです。
Fly Away」は母と娘の別れの曲でその歌詞の内容にも心揺さぶられます!

Written by Kuroki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Dakota Suite ダコダ スイート The Heart of Empty ザ・ハート オブ エンプティー

Dakota Suite  ダコダ スイート The Heart of Empty ザ・ハート オブ エンプティー

タイトル:The Heart of Empty ザ・ハート オブ エンプティー
アーティスト: Dakota Suite ダコダ スイート
ジャンル:Jazzy Ambient ジャジーアンビエント
フォーマット:CD
レーベル:Karaoke Kalk

UKで結成されたユニット Dakota Suite
バンド名はジョンレノンとオノヨ―コが住んでいたNYのダコダアパートから由来している程、
ジョンレノンへの思い入れは相当なものだそう。不幸にもこのアパートの前で射殺されました・・・
私もジョンのファンです。
だからでしょう!
Dakoda Suiteと出遭った時、同じ血が流れている...という感覚(恐れ多いですねぇ)
このThe Heart of Emptyは彼らの10作目で、普段バンドを主導するChris Hoosonではなく、
David BuxtonがJazzの趣向を取り入れた作品。
Dakoda Suiteは静寂の素晴らしさを表現したバンドなのです!
全てのアルバムそれぞれがジャンルも違います。 是非、色んなDakoda Suiteに出遭ってみて下さい。
エレジーな夜の、深い闇の中に灯る温かいものを、きっと感じられるはずです。
さあ~家の、そして頭の無駄なスイッチは全てOffにして~
灯りはきっと自分の中にありますよね。。。

Written by Sakakibara

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Jennifer Warnes  ジェニファーウォーンズ Well ウェル

Jennifer Warnes  ジェニファーウォーンズ Well ウェル

タイトル: Well ウェル
アーティスト: Jennifer Warnes  ジェニファーウォーンズ
ジャンル:
フォーマット:SACDHybrid SACD, SACD, Import
レーベル: Cisco

Jennifer Warnes至極の一枚です。 彼女の声を、歌を聴いて「心を揺さぶられる」という本当の意味を知りました。 まるで語りかけているかのような抜群の歌唱力でリスナーを魅了してくれます。 どの曲も良いのですがそのなかで敢えて抜粋させてもらうなら 4曲目too late love comes、7曲目the panther、11曲目the well(reprise) は本当に素晴らしい楽曲になっています。癒され、感動し、そして涙が…。 アルバムを聴き終えたときには、こんなに素敵な歌で魅了してくれた Jennifer Warnesにきっと心から『ありがとう』と思えることでしょう。 知っている方も知らない方もJennifer Warnesに触れてみて下さい。

Written by Kimura

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



SARAH BRAIGHTMAN サラ・ブライトマン CLASSICS クラシックス

SARAH BRAIGHTMAN サラ・ブライトマン CLASSICS クラシックス

タイトル: CLASSICS クラシックス
アーティスト: SARAH BRAIGHTMAN サラ・ブライトマン
ジャンル: クラシック
フォーマット:CD
レーベル: EMI

世界でいちばん美しい歌があるというサブタイトルのこのアルバムは、ポップ、ロック、クラシック、
クロスオーバーなど色なジャンルで頂点を極めたサラ・ブライトマンがクラシックに限定した作品で
、2001年に発売されました。イメージがしにくい方もいると思いますので曲紹介をさせていただきます。
1. アヴェ・マリア
2. 私を泣かせて下さい
3. ウインターライト
4. エニィタイム・エニィウェア
5. アルハンブラの想い出
6. さよなら、ふるさとの家よ~歌劇「ワリー」第1幕より
7. 夜の踊り
8. セレナーデ/ここは素晴らしい場所
9. 私のお父さん~歌劇「ジャンニ・スキッキ」より
10. ラ・ルーナ
11. ピエ・イエス
12. フィリオ・ペルドゥート
13. ネッスン・ドルマ(誰も寝てはならぬ)
14. バイレロ
15. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
16. あたりは沈黙に閉ざされ~歌劇「ランメルムーアのルチア」より
名曲ばかりですが、息を飲むほどに美しい歌声と端々しく流麗なアレンジが紡ぎだす幻想の音世界です。
是非お楽しみ下さいませ!

Written by Harada

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



パーヴォ・ヤルヴィ  ドイツ・カンマーフィル ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」&第1番

パーヴォ・ヤルヴィ  ドイツ・カンマーフィルベートーヴェン 交響曲第5番「運命」&第1番

タイトル:ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」&第1番
アーティスト:パーヴォ・ヤルヴィ  ドイツ・カンマーフィル
ジャンル: クラシック
フォーマット:ハイブリッド盤
レーベル: BMG

全世界で絶賛を受けるパーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルによるベートーヴェンの「運命」。
この「運命」、今まで聴いた事のあるものとはいと味違います!
この重厚感・スピード感、そしてそこから生まれる緊張感が聴いていて何とも気持ちよく、
スピーカーの前に釘付けになること間違いなしです!
第1楽章はもちろんお薦めですが、第4楽章では楽器が加わることによる音色の変化と
雄大さが聴いていて楽しめる点かなと思います。
是非、聴いてみて下さい!

Written by Manabe

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



ヘイリーロレン シンプリーラブ

ヘイリーロレン シンプリーラブ

タイトル: BEST AUDIOPHILE VOICES Ⅱ
アーティスト:ヘイリーロレン
ジャンル: JAZZ(女性ボーカル)
フォーマット:CD
レーベル: ビクターエンターテイメント

ヘイリーロレンと言えば2008年発売の青い影は最近でも視聴用に使い、
MAXオーディオでもかなり売れました!!
非常に艶もあり感情豊かに歌いあげる歌唱力には引き込まれます!
青い影から3年後の2011年発売のアルバムがにその歌唱力が認められ
ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバムに選出されました。
そして今回2013年6月に発売されたばかりのアルバムを紹介致します。
ストリングスやギター、ウクレレを配したユニークな編成で
ジャズ・スタンダードの他キャロル・キングの「空が落ちて来る」、
ノラ・ジョーンズの「アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン」、
タートルズの「ハッピー・トゥゲザー」、フランソワーズ・アルディの
「青春のブルース」等幅広いジャンルのカヴァー・ソングや
オリジナル・ソングと盛り沢山の内容になってます!興味がある方は
ぜひ聴いてみて下さい。

Written by Ohba

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



various artist BEST AUDIOPHILE VOICES Ⅱ

various artist BEST AUDIOPHILE VOICES Ⅱ

タイトル: BEST AUDIOPHILE VOICES Ⅱ
アーティスト:various artist
ジャンル: JAZZ(女性ボーカル)
フォーマット:CD
レーベル: PREMIUM RECORDS

今回のオススメは女性ボーカルのいいとこ取り!
人気シリーズとなっている「BEST AUDIOPHILE VOICES」の第2弾です。
藤田恵美やJheenaLodwick、SalenaJonesなど、よく試聴の際に使用させて
もらう女性ボーカルたちが勢揃い!そんな1枚です。
タイトルで謳っているように、オーディオファイル向けに製作されたディスクで、
24bit リマスタリングを行ない高音質に仕上げられています。
スローテンポの曲が多く収録されていてとても心地よく聴かせてくれる1枚となっています。
また、自分の知らなかったボーカリストなども見つかるかもしれませんよ。

Written by Ikegame

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



イヴァン・フィッシャー指揮 ブダペスト祝祭管弦楽団 ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

イヴァン・フィッシャー指揮 ブダペスト祝祭管弦楽団ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

タイトル:ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」
アーティスト:イヴァン・フィッシャー指揮 ブダペスト祝祭管弦楽団
ジャンル:交響曲
フォーマット:SACD(ハイブリッド)
レーベル:PHILIPS

今回オススメいたしますのは、オーケストラの定番「ドヴォルザーク 新世界より」です。
先ず最初のポイントは冒頭の空気感の再現性です。それぞれの音が立ち上がり
眼前に現れる感じが非常に自然で何とも言えない臨場感に包まれます。
次々に奏でられる聞き馴染んだメロディ、クライマックスへとつながる全てのパートで、
とても情報量が多く鮮明な録音で、どんどん聞き手を新世界へと引き入れて行きます。
ハイブリッド盤ですので、SACDとCDの比較も出来、且つマルチチャンネル録音も
収録されていますので、色々と楽しめるオススメの一枚です。

Written by Hayami

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



ISAO SUZUKI 鈴木勲 Blue City

ISAO SUZUKI 鈴木勲Blue City

タイトル:Blue City
アーティスト:ISAO SUZUKI 鈴木勲
ジャンル:JAZZ
フォーマット:CD
レーベル:THINK! RECORDS

思わずドキッとしてしまう様な、冒頭のベース!
鋭さを感じながらも、どこかノスタルジーな気分にさせてくれます。
日本のジャズ独特の雰囲気がぎゅっと濃縮されており、
なんだか独りでカッコつけたくなってしまいます(笑)
僕個人の印象ですが、同じ日本人が演奏してるだけあって
すっと音楽が体に馴染んできます。
聴き疲れせず、ゆったり聴けます。
伝説のジャズ・レーベルTBM(スリー・ブラインド・マイス)復刻シリーズの始動です!
しかも全てBlu-spec CD!
紙ジャケットで中のブックレットも当時のものが再現されています。
内袋もCDサイズで、取り出す時は当時のアナログ盤を思い起こさせてくれることでしょう!
7期にわたり43タイトルを発売する予定となっています。
MAXAUDIOで販売しています!
Three blind miceのステッカー付き!
ステッカーには限りが御座いますのでお早めにどうぞ!

Written by Yusuke

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Mariah Carey CHARMBRACELET

Mariah CareyCHARMBRACELET

タイトル:CHARMBRACELET
アーティスト:Mariah Carey
ジャンル:R&B
フォーマット:CD
レーベル:ISLAND(USA)

私がおすすめするのは、世界中で人気の歌手、
mariah careyが2002年にリリースした【CHARMBRACELET】です。
少し古いアルバムですが、今でも毎日のように聴いています。

特におすすめなのが、1曲目の【Through The Rain】という曲です。
ドラマの主題歌にもなったことがある曲なので、もしかしたら知っている方も多いかもしれません。
メッセージ性の強い歌詞と、mariahの透き通るような美しい歌声に、ついつい聴き入ってしまいます。

また、サビの部分が3回あるのですが、
歌い方が全て異なっていて、
"裏声→裏声+地声→地声" の流れで歌っています。
文章ではなかなか上手く伝えられませんが、とにかく声が素晴らしいんです。
5〜7オクターブの声を操ると言われている彼女だからこそできる歌い方だなと感動しました。
ぜひ、その部分にも注目して1度聴いてもらいたいです。

これから来る梅雨の季節にもピッタリで、彼女の”声”を存分に味わえる曲です(^^)

youtubeに公式のMUSIC VIDEOがアップされているので、是非そちらも(^^)

Written by Date

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



SHANTI Cloud9

SHANTICloud9

タイトル:Cloud9
アーティスト:SHANTI
ジャンル:JAZZ
フォーマット:CD
レーベル:日本コロムビア

これまでも、ヨーロッパツアー、パリ「JAPAN EXPO」への出演など欧州で
アーティストキャリアを着実に積み上げてきたジャズボーカリストSHANTI。
実はSHANTI、ゴダイゴのドラマー、「トミー・スナイダー」の娘さんなんです!(美しいですよねー)
このアルバムは過去のアルバムの代表曲にアレンジを施し、ベスト的な内容でありながら、
全く新たなサウンドスケープを存分に楽しめます。
JAZZにPOPSの要素が加わっているので、普段JAZZを聴か
ない人にも
聴きやすいのではないかと思います。 アレンジが変わるとこんなにも違う曲に聴こえるのかと衝撃を受けるので、
過去のアルバムと聴き比べるのも良いかもしれません!!

Written by Kuroki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



V.A オリジナルサウンドトラック

V.Aオリジナルサウンドトラック

タイトル:オリジナルサウンドトラック
アーティスト:V.A
ジャンル:サウンドトラック
フォーマット:CD
レーベル: ソニーミュージックエンターテイメント

オーディオファイルの皆様へ、果敢に挑戦!
今回は”邪道ですか?!”・・・サウンドトラックCDをご紹介します。
「The Phantom Of The Opera」。
吹き替え無し、アクター自身で全て歌い上げている素晴らしい作品です。
フルオーケストレーションの幅広感も圧巻!
歌や録音で、聴いていて「場面」や空気を感じられます。
俳優ジェラルド・バトラーによる「The Music Of The Night」。
美しく優しく迫力のある歌声の、高音部がホルンのようになる瞬間、
このソフトの最強ポイントです!
言うまでもなく映像(BD・DVD)もオススメです!

Written by Furuichi

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



→Pia-no-jacK← THIS WAY UP

→Pia-no-jacK← THIS WAY UP

タイトル: THIS WAY UP
アーティスト:→Pia-no-jacK←
ジャンル:インストゥルメンタル
フォーマット:CD
レーベル:バウンディ
→Pia-no-jacK←(ピアノジャック)と読みます。
HAYATO(Piano)、HIRO(Cajon)の2人で構成されるインストゥルメンタルユニットで
ピアノとカホンだけのシンプルなユニットながら演奏力・楽曲、共に飽きさせない迫力
に圧倒されると思います!中でも2曲目の「残月」はイチオシです。
ちなみに→Pia-no-jacK←という名の由来には「ピアノとカホンの二つの楽器で ライブ空間をジャックする」という意味合いが込められているそうです。
もし機会がありましたら御一聴ください。

Written by Kimura

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



SARAH CHANG VIVALDI THE FOUR SEASONS

SARAH CHANGVIVALDI THE FOUR SEASONS

タイトル:VIVALDI THE FOUR SEASONS
アーティスト:SARAH CHANG
ジャンル: クラシック
フォーマット:ハイブリッド盤
レーベル: EMI

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678~1741)の作品はとても素晴らしく、世界中で愛されています。
その中でも「四季」は特に絶大なる支持を受けています。
この作品を韓国の天才ヴァイオリニスト「サラ・チャン」が1717年製のジュゼッペ・ガルネリ・デル・ジェス
(イエスのガルネリという意味)での演奏をしたものがこのアルバムです。
ヴァイオリニストでは憧れのストラディヴァリウスと比較して製作数が少なく、
100~200本程度と言われているため、市場原理でデル・ジェスが最も高価な楽器となっているようです。
このデル・ジェスは音色が力強く、渋い味わいがあるのが特徴です。
このガルネリ・デル・ジェスを優雅に、そして力強く,それでいて切なく奏でた演奏には言葉を失います。
私的に特にオススメは≪冬≫。
定番中の定番ですが、何度聴いても心に沁みわたります。是非ご鑑賞下さいませ。

Written by Harada

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



MICHEL CAMILO&TOMATITO SPAIN

MICHEL CAMILO&TOMATITOSPAIN

タイトル:SPAIN
アーティスト: MICHEL CAMILO&TOMATITO
ジャンル:Jazz
フォーマット:CD
ドミニカ共和国出身のピアニスト、
ミシェル・カミロと現代スパニッシュ・フラメンコギターの最高峰、
トマティートによるデュオアルバムです。
全編にわたってスパニッシュな雰囲気で、これからの暑くなる季節には
もってこいのアルバムではないでしょうか!
タイトルにもなっている「SPAIN」はみなさん御存じ、
チック・コリアの曲で多くのアーティストにカヴァーされていますが、
このSPAINは一味違います!
複雑に絡み合うギターとピアノの調べについつい聴き入ってしまいます。
また、このギターとピアノを如何に鮮明に再生するか、
オーディオ的な聴き方も十分にできる一枚だと思います!

Written by Manabe

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



角田健一ビッグバンド BIG BAND STAGE

角田健一ビッグバンドBIG BAND STAGE

タイトル:BIG BAND STAGE
アーティスト:角田健一ビッグバンド
ジャンル:Jazz
フォーマット:SACD
レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン
楽曲はデューク・エリントン、カウント・ページベイシー、ベニー・グットマン、
グレン・ミラー等の各人気楽団でおなじみのスタンダードナンバーを収録!!
ダイナミックで広帯域のビックバンドのサウンドを高音質録音したステレオ音声と
さらにビックバンドの生のステージを体感するような自然で臨場感溢れる
高音質5.1chサラウンド・ミックスも同時収録しています!お持ちでない方は
ぜひビックバンドの迫力あるステージを体感下さい!

Written by Ohba

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Halie Loren They Ought a Write a Song

Halie LorenThey Ought a Write a Song

タイトル:They Ought a Write a Song
アーティスト:Halie Loren
ジャンル:Jazzボーカル
フォーマット:CD
レーベル:Victor
最近、小倉店に来られている方ならあのディスクか!
と分かっていただける1枚です。
ここ数ヶ月、ヘビーローテーションで店内で流れております。
2009年に〈JustPlainFolksMusicAwards2009〉にて
〈ベスト・ボーカル・ジャズ・アルバム〉に選ばれた作品で、
収録されている曲の原曲はJAZZ、ロック、ソウルなど幅広いジャンルから選曲し
彼女なりにアレンジされています。また、オリジナル曲も数曲収録されていて、
ソングライターとしての才能も垣間みれます。
全曲通して、メローな雰囲気を醸し出してしっとりと聞かせてくれます。
しかし、アルバムのレコーディング時、なんと24歳!
4局目にはスタンダードナンバー『枯葉』も入っていて大人な雰囲気で聴き入ってしまいす。
とてもムーディーでオススメの一枚です。

Written by Ikegame

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Andy Mckee ART OF MOTION

Andy Mckee ART OF MOTION

タイトル:ART OF MOTION
アーティスト:Andy Mckee
ジャンル:
フォーマット:CD
レーベル:CANDYRAT
彼は、アメリカのフィンガースタイル アコ-スティック・ギタリストで、
その珍しい演奏スタイルと作曲の才能のために、厚い支持があります。
私は彼の曲に不思議なくらい癒されます。聴くだけでも素晴らしいですが、
動画などでギターを弾いている彼のテクニックを見てみるのもおすすめです。
DOCOMOのGALAXY SⅢαのCMでも彼の「Rylynn」とゆう曲が流れていたので
聴いたことある方もいらっしゃると思います。
本当にとても素晴らしいです。

Written by Shoguchi

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



アルトゥール・ルービンシュタイン [月光・悲愴・熱情・告別]

アルトゥール・ルービンシュタイン 月光・悲愴・熱情・告別

タイトル:月光・悲愴・熱情・告別
アーティスト:アルトゥール・ルービンシュタイン
ジャンル:クラシック
フォーマット:CD
レーベル:Ariola Japan

誰もが1度は耳にしたことのあるベートーベンの3大ソナタ「月光・悲愴・熱情」のCDです。
私はその中でもピアノソナタ14番「月光」が好きで、自分でも弾くことがあるのですが、この曲は弾き手により違った表情を魅せる曲でもあります。
多くのピアニストがこの曲をCDにしていますが、その中でもアルトゥール・ルービンシュタインの月光をオススメします!!
アルトゥール・ルービンシュタインと言えば、史上最高のショパン弾きと言われるほどのショパンの専門家なのですが、この「月光」惹きこまれます。
男性的で衝動的なイメージの強いベートーベンの曲をやわらかく包みこまれるような、そしてどこか懐かしい風景が目の前に広がるような...
何度繰り返し聴いても飽きることがなく、むしろ回数を重ねる方が独特の味わいさえ感じるような気がします。

ぜひ、月夜の晩にお酒を飲みながらご賞味下さい。

Written by Kuroki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



カーキ・キング [ Glow]

カーキ・キング Glow

タイトル: Glow
アーティスト:カーキ・キング
ジャンル:Instrumental
フォーマット:CD
レーベル:p-vine records

マックスオーディオでも試聴盤としてよく使われるファーストアルバムから、
早くも 10年。 お互い大人になりましたね・・(^_^;)。
卓越したテクニックを駆使してのギタープレイから、年々アーティスト観を
高めていく彼女。最近作の[Glow]をご紹介します。
ストリングスや効果音を取り入れたり、チャイコフスキーのアレンジ、
ケルト音楽、オリエンタルな曲等、アルバムを通して深みや奥行きを感じます。
ギター一本の超絶テクニック「すごいでしょ!」の直線的若々しさも素敵でしたが、
曲を表現するために「ギター抑えるところは抑えてます。でも充分に曲の感じは充分伝わるでしょ。」
という曲線的な余裕が。 ギタープレイのみに固執しない、新たなカーキ・キングを堪能できます。

注意! マイナー調の曲が多いためか、深夜にやや音量大きめで聴くと、
時折ゾッとするほどの感覚に襲われます。それが病みつきにもなります。

Written byFruichi

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Matt Bianco マットビアンコ [ Hifi Bossanova ハイファイ ボサノバ]

Matt Bianco マットビアンコ Hifi Bossanova ハイファイ ボサノバ

タイトル: Hifi Bossanova ハイファイ ボサノバ
アーティスト:Matt Bianco マットビアンコ
ジャンル:ボサノバ
フォーマット:CD
レーベル:Absolute UK

1984年にUKでデビューして以来、人気を魅了し続けるマーク・ライリーを中心としたマットビアンコ。
毎回ジャンルやテーマを替えながらアルバムを作成することで有名ですが、
私のお薦めは2009年のアルバム「ハイファイ ボサノバ」です。テーマは名前の通り「ボサノバ」!です。
他のアルバムも非常によいのですが、心地よい風に吹かれているようなボサノバサウンドが特にお気に入りです。
女性コーラス&ヴォーカルがバーシアからヘイゼル・シムに変わり、
とても若々しい歌声を披露してくれます。
アルバム全般的にとてもお洒落でチョイ悪っぽい仕上がりになっています。
ジャンルやテーマに合わせて雰囲気の音作りができ、ジャズやソウル、ロック、ボサノバ、
R&Bなんでもこなすマーク・ライリーは、曲作りをしている時はきっと楽しみながら
作られたんだろうなと思えます。
まさに天才とも言えます。たまにはチョイ悪オヤジ(私のマーク・ライリーのイメージ?)
の音楽なども是非お楽しみ下さい。

Written by Harada

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



エディ ヒギンズ トリオ [A FINE ROMANCE]

エディ ヒギンズ トリオ/A FINE ROMANCE

タイトル:A FINE ROMANCE
アーティスト:エディ ヒギンズ トリオ
ジャンル:JAZZ
フォーマット:CD
レーベル:Venus Records

50年代初頭からシカゴを拠点に活動してきたエディ ヒギンズ。
当初は知る人ぞ知るピアニストという感じだったようですが、ヴィーナスレコードから作品をリリースしてから、今では人気のピアニスト。
僕も何枚か持っていますが、今回はこのアルバム「A FINE ROMANCE」(素敵なロマンス)を紹介します。
アメリカンスタンダードをロマンティックにスインギーに響かす作品となっています。上品さの中にもカッコよさを感じさせるピアノが魅力的です。
お薦め曲はアルバムタイトルにもなっている「A FINE ROMANCE」。
軽快なベースソロから始まり鮮やかなピアノにつながる、気持のよい曲で店頭でのデモにもよく使っています。
是非、聴いてみて下さい!

Written by Manabe

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



2CELLOS [2CELLOS]

2CELLOS/2CELLOS

タイトル:2CELLOS
アーティスト:2CELLOS
ジャンル:ROCK/POP/クラシック
フォーマット:CD
レーベル:SonyMusic

2Cellosは、共にクロアチア出身のルカ・スーリッチとステファン・ハウザーによる2人のチェロによるデュオです。
ステファン・ハウザーは20世紀最後の偉大なるチェリスト、
ロストロボーヴィチの最後の弟子でなんとコンクールで過去21回優勝している実力派なんです!
デュオを結成するまではコンクールで競い合うライバルだったそうです。
その2人が2本のチェロだけでマイケルジャクソンの Smooth Criminal を演奏し
YouTubeにアップしたところ、2週間で300万回再生され一躍有名に!個人的にはやはり
4曲目の Smooth Criminal と 8曲目 ガンズのコピー ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルですかね。
ぜひ聴いてみて下さい。

Written by Ohba

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Rodrigo Y Gabriela [Live in Japan/激情セッション]

Rodrigo Y Gabriela-Live in Japan/激情セッション

タイトル:Live in Japan/激情セッション
アーティスト:Rodrigo Y Gabriela
ジャンル:
フォーマット:CD
レーベル:SonyMusic

アコースティックギターデュオ、ロドリーゴ イ ガブリエーラの
2008年3月に日本で行われた、LIVEを収録したCDです。
オリジナルアルバム『激情ギターラ』の発売当時、LIVE CDで13曲目に
収録されている『TAMACUN』がラジオから聞こえてきた時はあまりの
カッコよさに衝撃が走りました。CDショップに直行し即買いしたのを覚えています。
アコギ2本でこんなことができるのか!と言うようなハイスピードで
情熱的な演奏は圧巻で、あまり情熱的とは言えない僕ですらCDを
聞いて興奮してしまいました。
その情熱的な演奏とそれに呼応する観客の声が相俟った超絶な空間が
このCDに収められています。スタジオ録音とはまた違い、
より感情的で勢いのある演奏で
まさにタイトル通り『激情』言った感じで超ロックな一枚です。
オススメな聞き方は、大きめなウーファーのスピーカーで、
音量大きめで、ガッツリ聞く!
すると、あなたも歓声をあげたくなるかも...


Written by Ikegame

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



ヴォカリーズ [イ・サロニスティ]

ヴォカリーズ- イ・サロニスティ

タイトル:イ・サロニスティ
アーティスト:ヴォカリーズ
ジャンル:室内楽
フォーマット:CD
レーベル:ポリドール

今回のオススメソフトは日本語訳すると「サロンの人々」となるベルン交響楽団のメンバーを中心にしたグループで、選曲、演奏ともに聴き心地がよくクラシックに気軽に接するにはうってつけの内容だと思います。
聴きどころは先ず1曲目のヴァイオリンとピアノのそれぞれの響きが滑らかに感じられるところで、いかにスピーカーから音が離れ目の前にサロンが現れるかという点でしょう!実際様々なシステムで鳴らしていますが空間再現の能力の違いがよくわかります。
次はやはり聴きなじみのある5曲目「ヴォカリーズ」ではないでしょうか。曲はもちろん心に沁みるもので、いかに気持ちよく聞き入ることが出来るかがポイントでしょう。
他にも技巧的に素晴らしい曲が多数ありますので、オススメの一枚です。


Written by Hayami

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Bruno Mars [Unorthodox jukebox]

Bruno Mars- Unorthodox jukebox

タイトル:Unorthodox jukebox
アーティスト: Bruno Mars
ジャンル:ダンス&ソウル
フォーマット:CD
レーベル:Atlantic

2011年のシングル世界売上の1位と2位を独占し、グラミー賞には2年連続で6部門ノミネートを
果たした超売れっ子シンガー/プロデューサーのブルーノ・マーズ世界で600万枚以上の
大ヒットを記録したデビュー作に続くニュー・アルバムは、『Unorthodox Jukebox』。 “Old & Crazy”という曲ではグラミー授賞ジャズ・シンガー/ベーシストのエスペランサとデュエットしているという。
この曲は、限定盤収録のボーナス・トラックになっています!
プロデューサーのジェフ・バスカーは、正真正銘のイカれたジャズ・クラシックに
仕上がっているよ。1920年代のパリのクラブで聞いてるみたいなサウンドだ」と語っています。
ちなみに私のこのCDのお薦めの曲は”When I Was Your Man ”です。 とても落ち着く曲です。


Written by Riko

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



DIANA KRALL  ダイアナ・クラール [THE GIRL IN OTHER ROOM ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム (国内版)]

DIANA KRALL ダイアナ・クラール
THE GIRL IN OTHER ROOM ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム(国内版)

タイトル:THE GIRL IN OTHER ROOM ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム (国内版)
アーティスト: DIANA KRALL  ダイアナ・クラール
ジャンル:ジャズヴォーカル
フォーマット:SACD
レーベル:ユニバーサルミュージック

ピアノプレーヤー、歌手、プロデューサとしても全て一流。
世界のJAZZの流れを変えたとも言われる、ダイアナ・クラール!
クールな美貌にハスキー・ボイス、大人の艶と凄みもたっぷりとこれ以上ない位の魅力の持ち主が、
さらにエルヴィス・コステロとの共同作品です。
退屈なわけがありません・・・。
とてもポップな曲もあれば、とても渋~い曲もあってという感じですが、
不思議と全体に統一感があるアルバムです。
ピアノの鍵盤へ魂を打ち込むかのような表現力には言葉を失い聴き入ってしまいます。
全曲聴き終えても再び1曲目からリピート再生してしまうのは私だけではないと思います・・・。


Written by Harada

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



藤田恵美 [Camomile Best Audio]

藤田恵美 - Camomile Best Audio

タイトル:Camomile Best Audio
アーティスト:藤田恵美
ジャンル:ポップス
フォーマット:SACD
レーベル:ポニーキャニオン

今回私が紹介するCDは藤田恵美さんのアジアでトータル20万枚以上売り上げている
カモミールシリーズのベスト番「Camomile Best Audio」です。
カモミールシリーズから16曲をピックアップしたアルバムで、
オーディオ的にも大変注目されているSACDです。

最近、過去の名曲やスタンダードなどをカバーしたシリーズものが、
いろんなアーティストからリリースされていますが、洋楽のカバーは意外と少なく、
どうしても発音やニュアンスが伝わりにくいものですが、
そのあたりも無難にこなしさすがという感じがします。

澄んだハイトーンの声が心地よく、癒されるのでBGMやリラックスタイムにピッタリですので1度聴いてみて下さい。


Written by Kuroki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



ロマンティック ジャズトリオ [Love Game ~tribute to LADY GAGA]

ロマンティック ジャズトリオ - Love Game ~tribute to LADY GAGA

タイトル:Love Game ~tribute to LADY GAGA
アーティスト:ロマンティック ジャズトリオ
ジャンル:JAZZ
フォーマット:CD
レーベル:ヴィーナスレコード

いまや世界一のトップアーティスト、レディ・ガガの楽曲が、
このたび見事にジャズアレンジされてしまいました!

ジョン・ディ・マルティーノ率いるロマンティックジャズトリオの
トリビュートシリーズの最近作です。(マドンナ編もあります!)
骨太なポップスロックが、こんなにも柔らかなスイングジャズに変貌を
遂げるなんて!

レディ・ガガを認知していない方にも、純粋にジャズチューンとして
愉しめるアルバムです。 若干、BGM的な要素(柔らかすぎ?!)が
感じられますが、心地良いがゆえ。(*v*)y-°°°
このトリオ編成に、ジャズヴォーカルが加わったヴァージョンも
聴いてみたくなります。
「ボーン・ディス・ウェイ」・・・。ジャズアレンジの方が個人的には
好きです。 オススメのアルバム。

Written by Furuichi

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Janet Klein & Her Parlor Boys [Paradise Wooble]

Janet Klein & Her Parlor Boys - Paradise Wooble

タイトル:Paradise Wooble
アーティスト:Janet Klein & Her Parlor Boys
ジャンル:JAZZ
フォーマット:CD (輸入盤)
レーベル:Burnside

今回のお薦めディスクはジャネット・クラインの最高にキュートでノスタルジックな雰囲気を持つこのディスクです。

ジャネットの愛くるしい透明感のある歌声、暖かみのあるウクレレ、
バックのパーラーボーイズのスィング感満点の演奏が楽しめる一枚です。

基本的には1910年代・1920年代・1930年代のJAZZをカバーした曲ばかり。
ノスタルジックなのはそのせいでしょうか?

歌声・ウクレレ・アコギ・ウッドベース・ウォッシュボード・バンジョーなど、
エレクトリックではない楽器で演奏される曲達は、最高に暖かく、ゴキゲンです!!

現代JAZZとは一味違ったスィング感も持つこのアルバム。
未聴の方。是非一度ご賞味下さい!
虜になること間違いなしです!!

Written by Miyazaki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



手嶌 葵 [THE ROSE]

手嶌 葵 - Unplugged

タイトル:THE ROSE
アーティスト:手嶌 葵
ジャンル:ヴォーカル
フォーマット:CD
レーベル:YCCW10044

みなさん既にご存じかもしれませんが、このアルバムをご紹介します。
サブタイトルが「I LOVE CINEMAS」とあるように、収録されている曲は誰もが一度は耳にしたことのある洋画の主題歌をカヴァーしたものです。
オススメは1曲目、アルバム・タイトルにもなっている「The Rose」。
ピアノとヴォーカルのシンプルな構成ですが、彼女の息づかいや空気感、そこにいるかのような実在感を感じることが出来ると思います。
他にも「Moon River」や「Over The Rainbow」などの名曲をしっとり歌い上げています。
福岡出身というだけで勝手に親近感を感じて、店頭でもよく鳴らしています。
まだ聴いたことがないという方、是非一度聴いてみて下さい!

Written by Manabe

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Eric Clapton [Unplugged]

Eric Clapton - Unplugged

タイトル:Unplugged
アーティスト:Eric Clapton
ジャンル:Rock
フォーマット:CD
レーベル:Reprise/Wea

これを聴けばeric claptonがギュッとわかる!!
というほど中身の濃いアルバムです!!
鉄板中の鉄板アルバムですから言わなくても知ってるよ!!
という方も多いことでしょうがあらためてご紹介させていただきます!!
やはりオススメは言わずと知れた名曲 4曲目Tears in heaven です!幼くして亡くなった息子のコナーへ捧げた曲ですが何度聴いても涙が出そうになります!
ギタリストとしてのクラプトンとボーカリストとしてのクラプトンが凝縮された一枚だとおもいます。
マックスオーディオにも入荷しておりますので聴いたことがない方やあらためて聴きたい方はぜひぜひご購入下さい!!
輸入盤で1800円にて販売中!!!

Written by Ohba

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



various artist [BEST OF]

various artist - BEST OF

タイトル:BEST OF
ジャンル:JAZZ(女性ボーカル)
フォーマット:SACD/CD
レーベル:MAJOR CHORD RECORDS

アーティスト: various artist
僕が試聴の時に頻繁にかける1枚です。
中でも4曲目のDesperadoは鉄板ソングです。イーグルスのあの名曲をStinaが
シットリと歌い上げています。お客様からのリクエストも多い曲です。
小倉店では気付けばいつも流れているような....
あと、個人的に好きな曲は、9曲目のI'll Move Onという曲です。
ボーカルのOliviaの声がか弱い感じで曲の雰囲気ととでもマッチしていて、
切なさを感じて胸がキュンとしてしまいます。

このディスク全曲に渡って、ノビのある女性ボーカルと
心地よい空間が広がり、ゆったりと聴ける楽曲が多く収録されています。
試聴盤としても通常聴き流すディスクとしてもオススメです。

Written by Ikegame

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



南 紫音 [Bloom]

南 紫音 - Bloom

タイトル:Bloom
アーティスト: 南 紫音
ジャンル:ヴァイオリン
フォーマット:CD
レーベル:ユニバーサルミュージック

今回のオススメは地元・北九州出身の美人ヴァイオリニストをご紹介します。このアルバムは20歳の時の録音で(現在は23歳)、もちろん若さあふれる瑞々しい音が印象的です。曲の構成もシンプルなもので、聴きなじんだ曲も選曲されていますのでクラシックの入門にも良いかと思います。聴きどころとしましては音場感の広がりとその中にあらわれるヴァイオリンの実在感がどこまで感じられるかという点でしょう。たとえばB&Wなどのスピーカーで如何に彼女がその場に現れて演奏してくれる感覚を味わえるかがチューニングのポイントになると思います。

余談ではありますが実は彼女は私の息子と小学校の同級生で放課後にヴァイオリンを抱えてバスに乗っている姿をよく見かけたそうです。そういう身近(?)な方が活躍してくれるのは大変うれしいですね!

Written by Hayami

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



SADE  シャーデー [THE ULTIMATE COLLECTION アルティメイト・コレクション (国内版)]

SADE シャーデー - THE ULTIMATE COLLECTION アルティメイト・コレクション (国内版)

タイトル:THE ULTIMATE COLLECTION アルティメイト・コレクション (国内版)
アーティスト: SADE シャーデー
ジャンル:ヴォーカル
フォーマット:CD
レーベル:ソニーミュージック

1984年に英国でデビューして、またたく間に米国でも大ヒットした「SADE」。ハスキーな歌声で全世界のファンを魅了し続けています。今までも色々と素晴らしいアルバムをだしてきましたが、是非この2枚組ベスト盤も試聴していただきたいと思います。というのもリマスターされ、音質がかなりよく仕上がっています。なのですでに何枚かアルバムを持っているという方でも「買い」だと思います。ジャズ、ソウル、ブルース、フォークといった音楽を包括した、ヴォーカルのシャーデー・アデュの相変わらずハスキーな歌声と、無駄をそぎ落とした美しくスタイリッシュなサウンドは、時間が経つのを忘れさせてくれます。まさにアルティメイト(究極)です。

Written by Harada

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Janet Seidel ジャネットサイデル [MOON OF MANAKOORA マナクーラの月]

MOON OF MANAKOORA マナクーラの月
Janet Seidel ジャネットサイデル

タイトル:MOON OF MANAKOORA マナクーラの月
アーティスト:Janet Seidel ジャネットサイデル
ジャンル:JAZZ Vocal
フォーマット:CD
レーベル:MUZAK.INK
金額:¥2,200

「愛しのジャネット!なんて愛くるしい歌声なんだ」
前回発売された"ペギー・リーの夜"以来待ちに待ったこの一枚。
やはり、ジャネットの歌声は何時聴いても、どれを聴いても最高!
チャーミングな歌声にどことなく凛とした品格が感じられ、
僕にとってジャネット・サイデルのアルバムはどれも手放すことの
出来ない存在になっている。
この"マナクーラの月"の特徴は何といっても全曲ウクレレをフィーチャー
しているところ。ウクレレといえば、ハワイアンに使用される楽器として
ポピュラーであるが、チャックモーガンのウクレレとギターは、
ジャネットの甘くジャジーな歌声に心地よい弾みが加味されとても素敵だ。
このアルバムは当然ながらどの曲も良いものばかりだが、僕は
3曲目の"トワイライト・タイム"が特に気に入っている。
「さぁ、あなたもジャネット・サイデルの世界へ!」

Written by S.Ohara

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



山岡重治[リコーダー*リコーダー]

リコーダー*リコーダー -山岡重治

タイトル:リコーダー*リコーダー
アーティスト:山岡重治
ジャンル:クラシックorヒーリング
フォーマット:CD
レーベル:マイスターミュージック
品番 金額:MMKK-7026 \1,985
発売:2009/3/24

 簡素にして最強の管楽器、「リコーダー」。
とあるお店のヒーリングミュージックコーナーで、
偶然出逢ったアルバムですが、素晴らしかったので、
今回ご紹介することにしました。
その感動におおいに心動かされるので、
ヒーリングミュージックの域を超えています

ポイントはやはり、リコーダーの美しく透き通った音色。
微塵のブレのない音は、まっすぐに伸びる高音域の直線となって
耳・鼻・脳天へと突き抜けるのです!表現するなら・・
「スキーンッ!!!」。

 古典楽器とのアンサンブルもある中、お気に入りは4曲目、
A.コレッリ  「ガヴォッタ」ソナタ10番第4楽章。
明るい曲調のこの曲はとても短いのですが、
演奏家の山岡重治さんのテクニックも素晴らしく、
聴いていると・・イギリス宮廷の庭で遊ぶ貴族に
なった気分になれます。(°w °;)

オーディオチェックにもよいかと思われる一枚です。

Written by Furuichi

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



Rufus Wainright ルーファス・ウェインライト[WANT・one ウォント・ワン]

WANT・one ウォント・ワン-Rufus Wainright ルーファス・ウェインライト

タイトル:WANT・one ウォント・ワン
アーティスト:Rufus Wainright ルーファス・ウェインライト
ジャンル:ヴォーカル
フォーマット:CD
レーベル:ユニバーサルミュージック

今回お薦めするのは、個人的に現代最高峰の音楽家の一人だと思ってます
ルーファスウェインライトです。母親は70年代に活躍したケイト・マクギャリグル。
正真正銘のサラブレッドミュージシャンです。
トラディショナルなPOPからクラシック・オペラまでの幅広い影響を色濃く反映させたサウンドはまさに唯一無二。
全アルバムお薦めですが、今回は「WANT ONE」.
ルーファス3枚目となるこのアルバム、とにかく全曲美しい!ジャンルは全く意味をなさないサウンドに圧倒的な歌唱力。
1曲目の「Oh What A World」から彼の世界観にどっぷりとハマる事間違いなし!

昨年の来日公演では「拍手禁止」という異例の公演を行う程、音楽にまっすぐ向き合わせてくれる素敵な音楽家です。

未聴の方是非聴いてみてください。

Written by Miyazaki

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ



ハナレグミ[hana-uta]

ハナレグミ - hana-uta

タイトル:hana-uta
アーティスト:ハナレグミ
ジャンル:ボーカル
フォーマット:CD
レーベル:EMI
価格:¥2548

圧倒的なソングライティング力と素晴らしい歌声でファンを
魅了し続ける元Super Butter Dog 永積タカシ。
FUNCから一転、じっくり、しっとり聴かせます!
⑪「夢で逢いましょう」はニッカウィスキーのCMソングに使われていたので、
聴いたことがある方もいるのではないでしょうか?
ちなみに、菅野美穂の「ウィスキーは、お好きでしょ~♪」も今歌ってます。
(これは収録されていませんが。)
個人的なオススメは、⑦「明日へゆけ」です。
ギター弾き語りの曲ですが、生々しい録音で魂を感じられます!
秋の夜長をこのアルバムと共に過ごしてみてはいかがでしょうか!?

Written by Manabe

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ




NORAH JONES[Little Broken Hearts]
Up Up Up

NORAH JONES - Little Broken Hearts

タイトル:Little Broken Hearts
アーティスト:NORAH JONES
ジャンル:Jazz
フォーマット:CD
レーベル:EMM/Blue Note

今回ご紹介するCDはみなさんご存知のNorah JonesのLittle Broken Heartsです。
名門BlueNoteからデビューして10年になる今年に出した5枚目のアルバムです。
今回のアルバムは今までのアルバムとずいぶん印象が違います。
今までのカントリー風のイメージから今回はロック的なニュアンスもあり
バラエティ豊かな面白いアルバムになってます。
意図的にかけられてるエコーがきいてる感じは賛否両論かもしれませんね。
NorahJonesのスモーキーヴォイスが好きな方は一度聴いてみて下さい!

Written by Ohba

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ




Fried Pride[Musicream]
Up Up Up

Fried Pride - Musicream

タイトル:Musicream
アーティスト:Fried Pride
ジャンル:Jazz
フォーマット:CD
レーベル:Victor

先日、納品先のお客様宅で鳴っていて、雰囲気が良かったので
その日のうちに購入してしまいました。
ジャンルとしてはジャズなのですが、収録されている曲は
ポップスやロック、洋楽、邦楽問わずの聞き馴染みのある曲ばかり!
FriedPrideはヴォーカリストShihoとギタリスト横田明紀男の2人組のユニットです。
ボーカルの厚みがありクセのある声とアコギの超絶技巧で弾けた感じは、
聞き応えアリです。中でもオススメは、6曲目のfriedprideのオリジナル曲
『Get down to me』です。この曲でのギターテクは超凄いです。
またボーカルもノリノリで聞き終えた時にスッキリした気持ちにさせてくれます。
それと9曲目のスティービーワンダーの『Higher ground』は、かっこよいですよ。
僕としては、スティービーワンダーというよりレッチリのイメージの方が強い曲ですが…
緩急散りばめられている感じで充実した1枚だとおもいます。
ぜし!聞いてみてください。

Written by Ikegame

Fried Pride Official Web Site
http://www.friedpride.com/

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ




加藤登紀子[SONGS うたが街に流れていた]
Up Up Up

加藤登紀子 - SONGS うたが街に流れていた

タイトル:SONGS うたが街に流れていた
アーティスト:加藤登紀子
ジャンル:ヴォーカル
フォーマット:CD
レーベル:ユニバーサルミュージック

年齢を重ねてきたせいかもしれませんが、最近特に「日本語の曲」が聴きたくて日本語の美しさに飢えてるって感じです。そこでオススメのソフトがこの一枚です。ここ数年、カヴァー曲が流行っていますがこのCDを買う時もただ「カヴァー曲で軽く聴くにはいいかなぁ」と何気なく買ったのですが、最初に聴いた瞬間から言葉がどんどん頭の中に飛び込んで来るのに驚きを受け、まさにはまってしまいました。ベテラン歌手の表現力に新しい曲も多彩な表情を聴かせてくれますし、名曲も今までにない新たな感動をあたえてくれました。
オーディオ的にも等身大のお登紀さんが現れ、アコースティックな演奏を中心に臨場感溢れる響き豊かな録音がポイントです。
「夜空ノムコウ」「みだれ髪」特にこの2曲が浸み込んで来た曲です。

Written by Hayami

加藤登紀子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tokiko-kato/

▲ページの一番上へ戻る▲

トップ




Ani-Difranco[Up Up Up Up Up Up]
Up Up Up

Ani-Difranco - Up Up Up Up Up Up

パンクでロックでフォークでポップ...。
その変幻自在っぷりは、もはや「アーニー・ディフランコ」という
ジャンル。(宗教...?!)
社会的楽曲やパンクライフないでたち、切れ味鋭いアコースティックギターサウンド
(ファン称:カミソリギター)あなどでアグレッシブな印象の強い彼女。
ただ、一番聴いてほしいのは、バラードを優しいギターと少しハスキーで
ささやく様なボーカルで歌い綴る一面。
言葉のひとつひとつが心を持って聴こえます。。。
数多くのアルバムの中でどちらかというと、静かで優しく美しく切なくも
強烈な情熱を表現しているアーニー・ディフランコと彼女の楽曲を
感じられる1枚。

Written by Furuichi




▲ページの一番上へ戻る▲

トップ